意外と多い希望者

特殊な性癖に含まれる『セレフォンセックス』ですが、意外と希望者は多かったりします。表向きはお淑やかな女性が、エッチになると人が変わる―ということも珍しくありませんからね。


それは、出会い系サイトを利用している女性にも同じことが言えます。つまりは―「エッチなメールはお断りします><」「エッチなメールには返信しません!」―なんて断言している女性であっても、セレフォンセックスに応じてもらえる可能性はあるわけです。
とはいえ、希望者を見破るのは容易なことではありません。こればかりは経験がものを言うので、失敗覚悟で挑戦を繰り返しましょう。

セレフォンセックスに誘うコツは、過程を飛ばさないことです。
まずは、セレフォンセックスというスタイルがあることを知ってもらいましょう。セレフォンセックスとは何か・セレフォンセックスをするメリットは何か―ひとつずつ伝えるのです。この際は焦らずに、反応を伺いつつカードを小出ししましょう。
セレフォンセックスの可能性が高いのは、ノリが良い女性です。プロフィールページの雰囲気やメールの流れから、セレフォンセックスの可能性が高いターゲットを選別しましょう。もちろん、あなたの接し方も大切です。どこジャンルでも紳士ほどモテるので、肝に銘じておきましょう。

下心のある異性を探す

セレフォンセックスのパートナーが欲しいのであれば、出会い系サイトを利用しましょう。出来れば、少々アダルト色が強いサイトがおすすめです。
なぜなら、セレフォンセックスは特殊な性癖です。やっていることは実際のエッチよりも健全ですが・・・この認識って不思議ですよね。一般的な異性からすれば、セレフォンセックスは“未知”であり“ちょっと怖い”お誘い。そう簡単に「OKです♪」という返答は引き出せません。
だからこそ、アダルト色が強いサイトを利用しているエッチな―下心のある異性を探すことが必要です。

利用するサイトが決定したら、まずはプロフィールページを巡るか、検索機能を利用してターゲットを絞り込みましょう。検索キーワードは『セレフォンセックス』『テレH』『テレフォンセックス』の3つ辺りが無難です。
ターゲットの絞り込みが終わったら、それぞれに合ったファーストメールを送信しましょう。堂々と「セレフォンセックスしましょ♪」と誘いを掛けている異性であれば、初回からセレフォンセックスに誘って問題ありません。うまくいけば、即日楽しめる事でしょう。

上記以外のターゲットの場合は、無難なメール交流から攻めるが吉。ある程度親しくなったところで、セレフォンセックスに誘いましょう。実際に会う必要がない=安全な分、順序さえ間違わなければOKは貰いやすいのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ